きなこのブログ

技術系の覚書など。

Raspberry pi(Linux)基本のコマンド

Raspberry piLinux)基本のコマンド

それではネットワーク設定…に行く前にWindowsユーザには馴染みのないCUI操作を覚えましょう。ここではこれから行うセットアップに必要な最低限のコマンドだけ紹介します。

ここで使っているOSはRaspbian Stretch (2018-04-18) です。

基本操作

コマンド名 --helpで大体ヘルプが見られます。root権限が必要な場合はsudo コマンド名です。しょっちゅう使います。

ログアウト exit

再起動 sudo reboot

ファイルを作成 touch [ファイル名]

ファイルをコピー cp [コピー元] [コピー先]

ファイル/フォルダを移動または名前変更 mv [コピー元/元の名前] [コピー先/新しい名前]

ファイル閲覧 less [ファイル名]

ファイルを削除 rm [ファイル名]

カレントディレクトリを移動(Winと一緒)

cd [ディレクトリ名] [ディレクトリ名]に移動する

cd .. 一つ上に上がる

cd ~/ ホームディレクトリ(既定では/home/pi)に戻る

ディレクトリを作成

mkdir [ディレクトリ名]

ディレクトリを削除

rm -r [ディレクトリ名] 中身もまるごと削除します

rm -rf [ディレクトリ名] 警告を出さずに強制削除

ファイルとディレクトリの一覧を表示

ls [ディレクトリ名] ディレクトリの一覧を表示

ls -a[ディレクトリ名] 隠し属性のファイル・ディレクトリも表示

ls -al[ディレクトリ名] さらにアクセス権と所有者も表示

ファイル編集 vi [ファイル名]

viの使い方は前の記事で。

とりあえずこれだけ使えればマシンの中を行ったり来たり程度はできるでしょう。ネットワーク設定やサービスに関するコマンドはまたそれぞれの記事で紹介します。